tplant4000

日々のこと、思ったこと書いていこうかな

大坂なおみ全米テニス優勝

セリーナ・ウィリアムズをストレートで破った。

かなり引き締まったからだは勝ち進んでいくに違いないと思わせるものでした。

リアルタイムで見ることはできなかったけど、S・ウィリアムズのイライラは尋常じゃなかった。大坂の冷静さとパワーに完敗と言っても言い過ぎではない。ラケットは壊すわ、審判に怒鳴るわ、これらの時点で負けでしょう。勝利を収めた大坂はどこまでも謙虚。会場からのブーイングはセリーナに対する失望のブーイングなのに、セリーナを応援していた観客に詫びを入れる次第。そして、試合を見てくれたことに感謝。セリーナへの敬意も忘れない。涙ながらに語る大坂に観客はどう思っただろう。

二重国籍の大坂はテニス選手としての国籍は日本を選択している。

そして、その住民票の住所は札幌市。札幌市在住の祖父の住居にしている。

今回の優勝は、地震で多くの被害を受けた北海道にパワーを送ってくれたように思う。

会場はニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター。

先日公開された「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のモデルとなったビリー・ジーン・キング。コート内外での功績が讃えられ全米オープン大会会場が改名された。

1973年、女子テニス協会を立ち上げて、女子プロテニスプレイヤーの地位向上に尽力した方。今現在も社会活動に貢献されてます。映画はもう公開は終了してるみたいですが、よくできた映画で私は2回観ました。1973年、女子テニスの第一人者ビリー・ジーン・キングと男子の元チャンピオン、ボビー・リッグスの男女対抗試合、実際にあったこの試合を軸に当時のアメリカ社会を描いてます。興味のあるかたはいつかどうぞ。

そんな、由緒あるビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで勝利した大坂選手。まだ20歳。もっと、もっとBIGなプレーヤーになってほしいし、なれると思います。彼女の謙虚さ、パワーはきっと多くの人々を魅了するでしょう。